« アサルト13 | トップページ | 自分の感受性くらい自分で守れ »

2006年2月21日 (火)

ウォーク・ザ・ライン

最後まで乗れず

ホアキン・フェニックスとリーズ・ウィザースプーンの歌唱力が抜群と絶賛されている。ということは、ほかにほめることがないということだ。ジョニー・キャッシュ、名前は聞いたことはあるが、どんな歌を歌っていたかは知らない。ドラッグに溺れたり、結婚、離婚を繰り返したりするミュージシャンは多いだろう。リーズ・ウィザースプーンはよかった。ホアキン・フェニックス演じるジョニー・キャッシュが今ひとつ魅力的な人物には見えず、これが真実の愛の物語と言われても、とてもその世界には入れなかった。900円で買ったテアトル系映画館入場券。ちょっと不満。('06/02/18 新宿・テアトルタイムズスクエア)

今日2月21日は夜3000メートル泳いだ。クロール。

|

« アサルト13 | トップページ | 自分の感受性くらい自分で守れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/8734204

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーク・ザ・ライン:

» 「ウォーク・ザ・ライン」リーズ・ウィザースプーンだけを目で追... [soramove]
「ウォーク・ザ・ライン」★★★★ ホアキン・フェニックス、リーズ・ウィザースプーン主演 ジェームズ・マンゴールド監督、2005年、アメリカ リーズ・ウィザースプーンが良い! 実在の人物の映画化だが、 その人達を知らないので 1950~70年代のアメリカの ヒ...... [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 21時22分

« アサルト13 | トップページ | 自分の感受性くらい自分で守れ »