« リトル・ランナー | トップページ | SWIM »

2006年3月 6日 (月)

ブロークバック・マウンテン

消化不良

切ない愛の物語としてうまく心にしみいってはこなかった。ゲイだからではない。相性が合わなかったのだろう。あまりに説明が少なすぎる。最初に出会った時、二人はいくつだったのか。時の流れが子供の成長でしか分からない。ゆったりと進んでいた話が最後の方で一気に展開する。あれはどうして、これは何、となぞが多く残った。それを余韻として楽しむことはできなかった。1470円で買った前売り券。十分堪能できず。('06/03/05 渋谷シネマライズ)

今日3月6日は夜2500メートル泳いだ。

|

« リトル・ランナー | トップページ | SWIM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/8966993

この記事へのトラックバック一覧です: ブロークバック・マウンテン:

» 「ブロークバック・マウンテン」は繊細な愛の物語 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 久しぶりにほぼ満席の映画館(京都シネマ)で映画を観た。待望の「ブロークバック・マウンテン」(アン・リー監督)。ベネチア映画祭でグランプリを獲得するなどして、アカデミー作品賞の大本命だったが、監督賞にとどまった。カウボーイの同性愛という極めて特異なテーマ....... [続きを読む]

受信: 2006年3月19日 (日) 22時25分

» 「ブロークバック・マウンテン」は繊細な愛の物語 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 久しぶりにほぼ満席の映画館(京都シネマ)で映画を観た。待望の「ブロークバック・マウンテン」(アン・リー監督)。ベネチア映画祭でグランプリを獲得するなどして、アカデミー作品賞の大本命だったが、監督賞にとどまった。カウボーイの同性愛という極めて特異なテーマ....... [続きを読む]

受信: 2006年3月19日 (日) 22時27分

» 「ブロークバック・マウンテン」は繊細な愛の物語 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 久しぶりにほぼ満席の映画館(京都シネマ)で映画を観た。待望の「ブロークバック・マウンテン」(アン・リー監督)。ベネチア映画祭でグランプリを獲得するなどして、アカデミー作品賞の大本命だったが、監督賞にとどまった。カウボーイの同性愛という極めて特異なテーマ....... [続きを読む]

受信: 2006年3月19日 (日) 22時52分

« リトル・ランナー | トップページ | SWIM »