« V FOR VENDETTA | トップページ | チェケラッチョ »

2006年4月26日 (水)

ニュー・ワールド

静かな映画

ポカホンタスは実在の人物だったのだ。ストーリーは伝えられているその生涯を描いている。登場人物はほとんどしゃべらない。人間も風景の一部のようなもの。時々心の中の思いをつぶやく。時間はゆったりと流れていく。ネイティブアメリカンと征服者の争いを描いているのではない。あくまでテーマは愛。男と女を超えた愛。最後は森に帰るだけだ。オープン3周年記念特別料金で1000円。ちょっと退屈。('06/04/25 TOHO CINEMS 六本木ヒルズ)


|

« V FOR VENDETTA | トップページ | チェケラッチョ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/9767559

この記事へのトラックバック一覧です: ニュー・ワールド:

» 「ニューワールド」名作になりそこねた凡作 [soramove]
「ニューワールド」★★★ コリン・ファレル、クリスチャン・ベイル、クオリアンカ・キルヒャー主演 テレンス・マリック監督、2005年アメリカ 新大陸アメリカへ、イギリスが入植者を 送り始めた頃、 原住民の王女とイギリス大尉の恋があった。 話す言葉が違...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 10時21分

« V FOR VENDETTA | トップページ | チェケラッチョ »