« 花よりもなほ | トップページ | インサイド・マン »

2006年6月10日 (土)

初恋

元ちとせ

3億円事件の犯人は女子高生だったという設定だけの映画と思った。宮崎あおいのせつない恋だけでは心を動かされない。だからどうした、それ以外に何があるのかと思いながら見ていて、これで終わりかというところで流れてきた青のレクイエムがしみじみと胸にしみた。それだけでよかったと思う。小出恵介演じる岸、事件の結末はそんなものか。あれは佐藤内閣の時代だろう。この映画の前売り券、最初見た金券ショップでは800円だった。相当安いなと思いながら見回ると700円とか600円もある。結局一番安いのは550円だった。封切り前にここまで値崩れしている前売り券は初めて見た。額面は1500円なのに。('06/06/10 渋谷・シネマGAGA)

今日は午後3000メートル泳いだ。クロール。


|

« 花よりもなほ | トップページ | インサイド・マン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/10469771

この記事へのトラックバック一覧です: 初恋:

» 「初恋」宮崎あおいが様々な表情を見せる [soramove]
「初恋」★★★★オススメ 宮崎あおい、小出恵介主演 塙幸成監督、2006年 時代は変化し続けている、 振り返って「あの頃」を思い出す時、 個人の記憶と大衆の記憶には たぶんズレがあるだろう。 映画の舞台となった1966年から70年の頃、 その頃を象徴す...... [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 18時19分

» 初恋 [シネマ de ぽん!]
初恋公開中ストーリー ☆☆映画の作り方☆☆☆総合評価  ☆☆ 私はこの時代を知ら [続きを読む]

受信: 2006年6月23日 (金) 08時50分

« 花よりもなほ | トップページ | インサイド・マン »