« ポセイドン | トップページ | エンター・ザ・フェニックス »

2006年6月 4日 (日)

ココシリ

意外とあっさり

富士山より高い海抜4700メートルの自然の厳しさが今ひとつ伝わらなかった。ちょっと走っただけで命取りになりかねないとか、突然吹雪になるとか、ところどころにでてはいたが。チベットカモシカの密猟者をとらえるために、命をかける人がいるのか。こんな世界もあるんだなあ、で終わった感じ。1470円で買った前売り券。まあこんなものか。('06/06/04 日比谷・シャンテシネ)

今日6月4日は夕方3000メートル泳いだ。クロール。泳ぎ始めてすぐ、片方の耳栓が外れているのに気づいた。ゆっくり泳いだり、歩いたりして探したが見つからない。どうも耳に水が入ってくるようで調子が出ない。5周ほど泳いでいたらプールの底に沈んでいるのを見つけた。この後は快調。

|

« ポセイドン | トップページ | エンター・ザ・フェニックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/10397946

この記事へのトラックバック一覧です: ココシリ:

» 「ココシリ」生きることは美しい、映画の力を信じられる [soramove]
「ココシリ」★★★★ デュオ・ブジエ、チャン・レイ主演 ルー・チュアン監督、中国2004年 チベット語で「青い山々」 モンゴル語で「美しい娘」という意味の ココシリというタイトル。 海抜4700メートルのチベットの奥地の 目にも眩しい風景を背に、 ここでは...... [続きを読む]

受信: 2006年6月28日 (水) 23時15分

« ポセイドン | トップページ | エンター・ザ・フェニックス »