« 不撓不屈 | トップページ | ドリフト »

2006年6月22日 (木)

ジャスミンの花開く

チャン・ツィー迫力

ジャスミンは中国語で書くと茉・莉・花の3文字。それぞれ1文字ずつを名に持つ3代の娘をチャン・ツィーが演じる。これだけ長い年月にわたる話に出ていると、あまり美人には見えなくなってくる。押し付けがましくなく生命の尊さを訴える。4代目誕生シーンが圧巻。1450円で買った前売り券。チャン・ツィー目当てで見に行った。内容はまったく期待していなかっただけに意外と拾い物。('06/06/20 銀座シネスイッチ)

今日6月22日は朝2000メートル泳いだ。クロール。

|

« 不撓不屈 | トップページ | ドリフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/10604802

この記事へのトラックバック一覧です: ジャスミンの花開く:

» ジャスミンの花開く/歴史のメタファー [マダム・クニコの映画解体新書]
 眼鏡をかけたチャン・ツィイーが、雷雨の中、路上で苦しみながら1人で出産する・・・。 延々と続く衝撃的なシーン。その迫真の演技には誰もが感動するだろう。 ジャスミンの花開く   観ながら、キェシロフスキ監督の遺稿による映画「美しき運命の傷痕」を思い浮かべていた。 共通点は、嫉妬により狂っていく女性の人生。  「ジャスミン・・・」は三世代の女性の、「美しき・・・」は三姉妹の、それぞれの生き... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 14時51分

« 不撓不屈 | トップページ | ドリフト »