« 天上の剣 | トップページ | 胡同のひまわり »

2006年7月12日 (水)

ゆれる

ハラハラドキドキ

どうみてもありえないシチュエーション。吊り橋の上では起きた出来事は何だったのかという1点だけで引き付ける。対照的な兄、香川照之と弟、オダギリジョー。そして最後に兄弟の関係はあぶりだされたのか。うーん。どちらの行動もなぜそんなことをしなければならなかったのかという理由がよくわからなかった。検察側は動機を指摘しないのかとか、被告人質問ばかりの裁判なんてあるのかとか、つまらないことばかり気になった。映画の本質とは関係ないな。1300円で買った株主優待券。相応。('06/07/11 新宿武蔵野館)

今日7月12日は朝2000メートル泳いだ。クロール。プルブイ。

|

« 天上の剣 | トップページ | 胡同のひまわり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/10928960

この記事へのトラックバック一覧です: ゆれる:

» 「ゆれる」心地良い揺れのなか映画の魔法にかかる [soramove]
「ゆれる」★★★★ オダギリジョー、香川照之 主演 西川美和 監督、2006年 眩しいくらいの緑の反射を受けて ゆれる吊り橋。 大いなる自然のなかで、それはあまりに 頼りない。 人の命を預けられるのか不安になる。 くだらないものや実験的な映画を わざ...... [続きを読む]

受信: 2006年7月28日 (金) 09時09分

« 天上の剣 | トップページ | 胡同のひまわり »