« ゆれる | トップページ | 美しい人 »

2006年7月13日 (木)

胡同のひまわり

アーティスト ジャン・シャオガン

Shibuya11_image01

成人となった息子が開いた展覧会で展示されていた絵が印象的。この「全家福」シリーズの作品がなければこの映画は成り立たない。絵を見て脚本を書いたのだろう。頑固で独善的で偏狭な父。どうしようもない悪ガキだった息子。反発しても反発しても逃れられず、父の望み通り画家となり、成功する。そうなれば父親がこれまでやってきたことはすべて許されるのか。ひまわりの鉢1つだけでいいのか。疑問は残る。1450円で買った前売り券。相応。('06/07/13 Bunkamuraル・シネマ)

今日7月13日は夕方3000メートル泳いだ。クロール。プルブイ。

|

« ゆれる | トップページ | 美しい人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/10929076

この記事へのトラックバック一覧です: 胡同のひまわり :

» 「胡同(フー卜ン)のひまわり」古いもの新しいもの新しい関係 [soramove]
「胡同(フー卜ン)のひまわり」★★★☆ ジョアン・チェン リャン・ジン主演 チャン・ヤン 監督、2005年、中国 中庭を取り囲む平家の数軒が一つの区画となり、 狭い路地を挟んでいくつも同じような 家が立ち並ぶ独特の町、フートン。 ひまわりの季節に生まれ...... [続きを読む]

受信: 2006年7月20日 (木) 16時51分

» 胡同のひまわり [シネマ de ぽん!]
胡同のひまわり公開中ストーリー ☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価  ☆☆☆☆ [続きを読む]

受信: 2006年8月 9日 (水) 14時25分

« ゆれる | トップページ | 美しい人 »