« ゲド戦記 | トップページ | トランスアメリカ »

2006年8月 1日 (火)

ハチミツとクローバー

海に向かって叫ぶ

とてもベタな日本の青春映画まで見るようになってしまった。それも結構楽しんでいる。この映画、いかにもありそうで思わず笑ってしまった場面が多数。伊勢谷友介、「雪に願うこと」以来、「嫌われ松子の一生」、「笑う大天使」と続けて出演作を見ている。くぐもったしゃべり方は変わらないが、それぞれ印象が違う。今年は彼の年かな。桜井翔、ジャニーズながら主役と言えど三枚目。淡々とこなしていた。中村獅童、ちょいといい役すぎ。実写の中にCGアニメ混ぜるのが今のはやりか。これにも黒猫が時折登場。6本見たので1本ただ。堪能。★★★☆☆('06/07/31 TOHO CINEMAS 府中)

今日8月1日は朝3000メートル泳いだ。クロール。プルブイ。


|

« ゲド戦記 | トップページ | トランスアメリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/11172781

この記事へのトラックバック一覧です: ハチミツとクローバー:

» 「ハチミツとクローバー」すれ違う切ない気持ちを思い出す [soramove]
「ハチミツとクローバー」★★★☆ 櫻井翔 、蒼井優 、伊勢谷友介 、加瀬亮 、関めぐみ主演 高田雅博 監督、2006年 原作は読んだことはない。 この映画を見ようと思ったのはズバリ、蒼井優だ。 宮崎あおいほど、まだはっきりとした存在感を 映画で示していないが...... [続きを読む]

受信: 2006年8月 4日 (金) 00時18分

« ゲド戦記 | トップページ | トランスアメリカ »