« 世界バレエフェスティバル | トップページ | 太陽 »

2006年8月12日 (土)

愛と死の間で

最後の台詞

アンディ・ラウとアンソニー・ウォンが出演しながらギャング映画ではないの? この2人が医者? うーん見えないな。臓器移植した相手が分かっていいの? 救急車で搬送した人が落とした鍵で家に入っちゃうの? ちょっと外国行ってるからってなりすましちゃうの? ええーっ、それって犯罪。ストーカーよりひどい。ラストでオレンジをむくアンディ・ラウ。すべてを吹き飛ばして、ここまで見た時間を幸福なものと感じさせる。設定も話の展開もあり得ないことだとしてもそれが映画。1200円で買った前売り券。満足。★★★☆☆('06/08/12 シャンテシネ)

今日8月12日は朝3000メートル泳いだ。クロール。

|

« 世界バレエフェスティバル | トップページ | 太陽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/11403899

この記事へのトラックバック一覧です: 愛と死の間で:

« 世界バレエフェスティバル | トップページ | 太陽 »