« マイアミ・バイス | トップページ | 僕の、世界の中心は、君だ。 »

2006年9月 3日 (日)

グエムル

家族の絆

この手のものにしては珍しく、怪獣はもったいぶらずに最初の方から登場する。ソウル市街の漢江からいきなり登場してもおかしくないような大きさで不気味な姿。動きがしなやかでとても怖い。最後に矢を射るペ・ドゥナがりりしくて、思わずかけ声を発したくなった。ソン・ガンホの娘役のコ・アソン。少女なのに泥だらけになって熱演。涙も見せずに怪獣に立ち向かう。かっこいい。この映画の主人公は彼女だ。1250円で買った前売り券。★★★★☆(TOHO CINEMAS 府中)

今日9月3日は夕方3000メートル泳いだ。クロール2500、背泳ぎ500。

|

« マイアミ・バイス | トップページ | 僕の、世界の中心は、君だ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/11742286

この記事へのトラックバック一覧です: グエムル:

» 「グエムルー漢江の怪物」情熱ほとばしる怪物映画を見に行こう [soramove]
「グエムルー漢江の怪物」★★★☆オススメ ソン・ガンホ、 ピョン・ヒボン 、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 主演 ポン・ジュノ 監督、2006年、韓国 現在も韓国で公開中、 5週連続首位をひた走る、 内容成績ともまさに怪物映画だ。 日本での公開は ハコの大きさ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 11時42分

« マイアミ・バイス | トップページ | 僕の、世界の中心は、君だ。 »