« ワイルドスピードX3 | トップページ | シュガー&スパイス »

2006年9月18日 (月)

出口のない海

滅私奉公

市川海老蔵演じる並木少尉は「人間魚雷という兵器があったことを伝えるために死ぬんだ」と話す。これを言うためにこの作品は作られたのだと思う。このせりふの受け止め方には2つある。国のために命を捧げる若者は美しい。死を前提にした攻撃しかできないような戦争は悲惨だ。作品自体はほとんどメッセージを発していない。だが、並木少尉の最期をみればこの作品の意図は明らかだ。前者の受け止めをする方が多数になる国にはなってほしくないものだと思う。市川海老蔵はアップにたえる存在感。上野樹里はちょっと音痴。最期、竹内まりあの歌が胸にしみいる。1200円で買った前売り券。★★★★☆('06/09/17 TOHO CINEMAS 府中)

今日9月18日は夕方3000メートル泳いだ。クロール。プルブイ。

|

« ワイルドスピードX3 | トップページ | シュガー&スパイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/11930229

この記事へのトラックバック一覧です: 出口のない海:

» のだめカンタービレ 原作本プレゼント 上野樹里ちゃん玉木宏さん ナイスコンビ^^ [亀田三兄弟に負けるな!家族を大切にするブログ]
のだめカンタービレ 原作本プレゼント情報はこちら [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 07時34分

« ワイルドスピードX3 | トップページ | シュガー&スパイス »