« 太陽の傷 | トップページ | ストロベリーショートケイクス »

2006年10月 2日 (月)

涙そうそう

諸行無常

妻夫木聡と長澤まさみで泣かせる映画を作ろうということだけを決めて、後から無理矢理脚本を考えたとしか思えない。オリジナルのストーリーのはずなのに、設定やら1つ1つのエピソードはどこかで見たよう。つぎはぎだらけの感じ。それでも妻夫木聡は見せてくれる。長澤まさみはラフの時よりは生き生きと魅力的。せっかくだから、涙そうそう、歌を全部聞こうと最後まで見た。エンドロールが終わった後、子供のころの2人が海岸を歩く場面はよかった。1200円で買った前売り券。★★★☆☆('06/09/30 TOHO CINEMAS 府中)

今日10月2日は夜2500メートル泳いだ。クロール。

|

« 太陽の傷 | トップページ | ストロベリーショートケイクス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/12105493

この記事へのトラックバック一覧です: 涙そうそう:

« 太陽の傷 | トップページ | ストロベリーショートケイクス »