« デトネーター | トップページ | ベルナのしっぽ »

2006年10月 5日 (木)

レディ・イン・ザ・ウォーター

我田引水

ナイト・シャマランと言えば最後のどんでん返し。シックス・センスではうまくはまったが、その後はどっちらけで、だまされてばかり。それでも見に行ってしまう。これはなんだか無理矢理なストーリー。中国人がしゃべるおとぎ話を、なぜ急にアメリカ人が信じて行動し始めるのか、理解できない。何よりもシャマラン自身がああいう役を演じているので、単なる自己満足ではないかと引いてしまう。金を払ってまで見る気はなかった。6本見たので1本ただ。★★☆☆☆('06/09/30 TOHO CINEMAS 府中)

今日10月5日は朝2000メートル泳いだ。クロール。

|

« デトネーター | トップページ | ベルナのしっぽ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/12105375

この記事へのトラックバック一覧です: レディ・イン・ザ・ウォーター:

» 『レディ・イン・ザ・ウォーター』 [唐揚げ大好き!]
    『レディ・イン・ザ・ウォーター』   世界が初めて出会う、新しいM.ナイト・シャマラン 「急いで。ハッピーエンドまで、もう時間がないわ」   M.ナイト・シャマラン監督が愛娘たちに語り聞かせたベットタイム・ストーリーを元にしたこの作品。 なるほどぉ... [続きを読む]

受信: 2006年10月11日 (水) 07時01分

« デトネーター | トップページ | ベルナのしっぽ »