« ドラゴン・スクワッド | トップページ | ヘイヴン »

2006年10月31日 (火)

虹の女神

ヒロイン上野樹里は冒頭で死んでしまう。市原隼人の回想で描かれるシーンはどれも他愛がない。でも、大学の映研だったらこんな女子いそうというぐらいしゃべり方も自然に聞こえる。8ミリの中ではいかにも素人役者のよう。章だてして場面転換を図ったのが功を奏した。映画中映画の「THE END OF THE WORLD」もうまいこと使っていた。奇をてらわないラブストーリー。しみじみ。「虹」にはあまり心動かされなかったけど。蒼井優は出番は少ないながら存在感。主題歌を歌っているのは種ともこというんだ。知らなかった。予告編を見た時は若いころの荒井由美かと思った。1270円で買った前売り券。★★★★☆('06/10/31 TOHO CINEMAS 府中)

今日10月31日は夜2500メートル泳いだ。クロール。

|

« ドラゴン・スクワッド | トップページ | ヘイヴン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/12507363

この記事へのトラックバック一覧です: 虹の女神:

« ドラゴン・スクワッド | トップページ | ヘイヴン »