« 天使の卵 | トップページ | トンマッコルへようこそ »

2006年10月28日 (土)

父親たちの星条旗

クリント・イーストウッドはすごい。女ボクサーの次は硫黄島。3つの時をいったりきたりする。硫黄島上陸、帰国後の国債セールスツアー、現在。微妙なバランス。あの星条旗をたてる写真は見たことがある。そういうことだったのか。実話に基づくなどとわざわざうたわなくてもいいだけの力が備わっている。本格的な戦闘シーンを展開しながら、正義はどちらにあるとは言わない。訴えているのはヒーローなんかいないということ。敵はほとんど出てこないから、けしてアメリカ万歳、日本滅びろとはなっていない。その上で、日本から見た硫黄島まで作ってしまったのだから念が入っている。1300円で買った前売り券。★★★★★('06/10/28 TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ)

今日10月28日は午後3000メートル泳いだ。クロール。

|

« 天使の卵 | トップページ | トンマッコルへようこそ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/12464982

この記事へのトラックバック一覧です: 父親たちの星条旗:

» 東京国際映画祭オープニング「父親たちの星条旗」華やかに上映 [soramove]
東京国際映画祭のオープニングを飾る大作。 今年も行ってきました。 出演者の舞台挨拶は地味目でした。 一昨年はここでトム・ハンクス「ターミナル」を見ました。 昨年は高倉健さんが舞台挨拶だったな。 「父親たちの星条旗」★★★★オススメ ライアン・フィリ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 9日 (木) 00時15分

« 天使の卵 | トップページ | トンマッコルへようこそ »