« ルードヴィヒ | トップページ | アンノウン »

2006年11月16日 (木)

ウィンター・ソング

映画の中で撮っているミュージカル映画が歌と踊りに迫力があってすばらしい。映画中映画、回想シーン、妄想の中のプール、3つが混然となって3人の間の愛憎を描いていく。途中ついていけないところもあった。最後の空中ブランコシーンにすべてが凝縮されていく。これだけでも見た甲斐があった。金城武はいつまでも未練たらしく昔の女を忘れられない。行動パターンに共感できず。主役のように見えてそうではないのか。1270円で買った前売り券。★★★☆☆('06/11/16 TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ)

今日11月16日は朝2500メートル泳いだ。クロール。


|

« ルードヴィヒ | トップページ | アンノウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/12708409

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンター・ソング:

« ルードヴィヒ | トップページ | アンノウン »