« マリー・アントワネット | トップページ | サッド・ムービー »

2006年11月26日 (日)

椿山課長の七日間

いきなりスクリーンいっぱいどアップの西田敏行。どうしようかと思った。でも大丈夫。現世にに戻ると伊東美咲になっている。その後西田敏行はほとんど声だけだ。とうていありえない設定とストーリー展開。ちょっとついていけないと思ったのもつかの間、いつの間にかその世界にはまっていた。ちょっとほろり。須賀健太と志田未来、今の日本を代表する男女の子役なんだな。伊東美咲はおっさんくさく見えたから名演技なのだろう。6本見たのでただ。★★★☆☆('06/11/25 TOHO CINEMAS 府中)

今日11月26日は昼3000メートル泳いだ。クロール。プルブイ。

|

« マリー・アントワネット | トップページ | サッド・ムービー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/12817061

この記事へのトラックバック一覧です: 椿山課長の七日間:

« マリー・アントワネット | トップページ | サッド・ムービー »