« スキャナー・ダークリー | トップページ | 犬神家の人々 »

2006年12月16日 (土)

王の男

一寸の虫にも五分の魂

すごくよかった。いい意味で期待を裏切ってくれた。どういう話か分からないだけに、緊張感を保ち続けたままストーリーが展開する。最後までどうなるかが分からなかった。何よりもロープの上で飛ぶ芸人、カム・ウソンがすばらしい。芸人にも意地がある。本当におかしいところはおかしくて、声を上げて笑ってしまう。その上で国や時代を超越した権力への風刺がある。950円で買った前売り券。★★★★☆('06/12/16 新宿ガーデンシネマ)

今日12月16日は朝3000メートル泳いだ。クロール。プルブイ。


|

« スキャナー・ダークリー | トップページ | 犬神家の人々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/13091862

この記事へのトラックバック一覧です: 王の男:

« スキャナー・ダークリー | トップページ | 犬神家の人々 »