« めぐみ | トップページ | 007 カジノ・ロワイヤル »

2006年12月 1日 (金)

暗いところで待ち合わせ

田中麗奈とチェン・ボーリンでもキョンシーは出てこない。目が見えない田中麗奈、たまに外に出て行くけど、ほとんど家の中で過ごす。そこに入り込むチェン・ボーリン。小さな家の中での2人。怖いことが起こらなくてもハラハラドキドキ。次に何が起きるのかという緊張感でつなぐ、これぞサスペンス。そして期待以上の展開。見ている間を飽きさせず、最後にちょっとしみじみさせる。田中麗奈、今まで見た映画に出ていたかどうか覚えていない。チェン・ボーリン、風味絶佳でも存在感。目に力がある。井川遥も迫力を見せた。映画の日で1000円。★★★★☆('06/12/01 銀座・シネスイッチ)

今日12月1日は朝2000メートル泳いだ。クロール。

|

« めぐみ | トップページ | 007 カジノ・ロワイヤル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/12898126

この記事へのトラックバック一覧です: 暗いところで待ち合わせ:

» 「暗いところで待ち合わせ」こんなホンワカした恐怖は新鮮だ [soramove]
「暗いところで待ち合わせ」★★★ 田中麗奈、チェン・ボーリン主演 天願大介監督、2006年 原作はハチャメチャな暗さがありそうで、 何度か作品を手にとっては 読めていない作家のもの。 そういう先入観をもって、見たので、 ワリと普通の物語りに拍子抜けし...... [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 01時26分

« めぐみ | トップページ | 007 カジノ・ロワイヤル »