« 長い散歩 | トップページ | フランキー・ワイルドの素晴らしき世界 »

2006年12月28日 (木)

名犬ラッシー

飼い主の少年役のジョナサン・メイスンより公爵の孫娘役のヘスター・オジャースの方が印象に残った。聡明そう。犬でも旅をすれば出会いもあれば別れもある。ただ800キロも移動したというところは実感できなかった。あっという間に帰り着いた感じ。どのくらいの日数がかかったのか分からなかったし。最後そういう落ちだとは知らなかった。ハイジに次いでこういうのを見ると、原作が名作だから大外れはないだろうと思って見に行くんだなと自ら思う。貧すれば鈍す。★★☆☆☆('06/12/23 東劇)

今日12月28日は朝2000メートル泳いだ。クロール。


|

« 長い散歩 | トップページ | フランキー・ワイルドの素晴らしき世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/13172794

この記事へのトラックバック一覧です: 名犬ラッシー:

« 長い散歩 | トップページ | フランキー・ワイルドの素晴らしき世界 »