« 人生は、奇跡の詩 | トップページ | 王の男 »

2006年12月14日 (木)

スキャナー・ダークリー

いったん実写で撮ったものを元にアニメにする。なぜこんな面倒なことをするかといえば、ドラッグの影響による幻覚を表現したかったからだろう。時折、吹き出しも出てかなり漫画チック。それが効果的だったかというと、そうは感じなかった。キアヌ・リーブスとロバート・ダウニーJrは見るからに分かった。女性がウィノナ・ライダーだとはエンドロールまで分からなかった。ものすごく暗い色調。それに合わせるように救いのない未来。始まった途端に出て行った年配の男女2人連れがいた。アニメとは知らなかったのだろうな。水曜日で1000円。★☆☆☆☆('06/12/13 シネセゾン渋谷)

今日12月14日は朝2000メートル泳いだ。クロール。プルブイ。

|

« 人生は、奇跡の詩 | トップページ | 王の男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/13066088

この記事へのトラックバック一覧です: スキャナー・ダークリー:

« 人生は、奇跡の詩 | トップページ | 王の男 »