« 武士の一分 | トップページ | 沈黙の傭兵 »

2006年12月 4日 (月)

ありがとう

セットとCG、実写のニュース映像を組み合わせた震災当日の火災現場は、現実にこういうことが起きたと知るだけに、怪獣映画とは全く別種の迫力がある。それでも実際にそこにいた人が見た「地獄」のほんのわずかしか伝えていないのだろう。話は思ったとおりに展開する。意外性はない。それが妙に心地よいのは田中好子演じる妻のキャラクターゆえだろう。ほんと笑かしてくれる。最後はほろりとさせてくれたし。800円で買った前売り券。前売り券は値崩れして大量に出回っている。赤井英和では客が呼べないんだろうな。永瀬正敏、豊川悦司、佐野史郎、鶴見辰吾、仲村トオル、ほかたくさんの俳優が顔見せだけで出演していた。★★★★☆('06/12/03 新宿スカラ座)

今日12月4日は朝2000メートル泳いだ。クロール。プルブイ。

|

« 武士の一分 | トップページ | 沈黙の傭兵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/12922666

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう:

« 武士の一分 | トップページ | 沈黙の傭兵 »