« 王の男 | トップページ | エラゴン »

2006年12月17日 (日)

犬神家の人々

91歳の市川崑監督が自らリメークしたと話題に話題になっているから見に行った。最初の作品は見ていないし、横溝正史は読んだことがない。全く先入観はなかった。期待もしていなかった。芝居が妙にオーバーアクションで時代がかっている。誰もがよくしゃべって、せりふで説明しようとする。最後あんな結末を迎えるのでは、金田一さん、とても名探偵とはいえない。ふけ、きたないだけだし。富司純子は最近よく親子で映画にでている。こんなベタな親子の役を本当の親子で演じるのはどうかと思う。1270円で買った前売り券。★★☆☆☆('06/12/17 TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ)

今日12月17日は午後3000メートル泳いだ。クロール。プルブイ。

|

« 王の男 | トップページ | エラゴン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/13100391

この記事へのトラックバック一覧です: 犬神家の人々:

« 王の男 | トップページ | エラゴン »