« エラゴン | トップページ | あるいは裏切りという名の犬 »

2006年12月19日 (火)

デート・ウィズ・ドリュー

アイデア一発勝負。ほかの女優では成立しない企画。7歳でE.T.に出たドリュー・バリモアだからこそ。子供のころからの夢を叶えるというフィクションが成り立つ。そうでなければ単なるストーカー物語になってしまう。二番煎じの作品は絶対にできない。お話は今の時代はこうだよなと思わせる。結構笑えた。6本見たので1本ただ。★★☆☆☆('06/12/17 TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ)

今日12月19日は朝2000メートル泳いだ。クロール。プルブイ。

|

« エラゴン | トップページ | あるいは裏切りという名の犬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/13100636

この記事へのトラックバック一覧です: デート・ウィズ・ドリュー:

« エラゴン | トップページ | あるいは裏切りという名の犬 »