« ラッキーナンバー7 | トップページ | 黒い十人の女 »

2007年1月15日 (月)

沈黙の奪還

セガールの映画はまず最初に、どういう戦闘シーン、格闘シーンを盛り込むかを決めて、それに合わせてストーリーを考えているのではないかと邪推する。今回は気功をミソにして、爆弾、カーチェイス、銃撃戦、ヘリからの攻撃などなどで楽しませてくれる。007を意識したのか、女ボスも出てくる。カーチェイスはいまいち迫力に欠けた。なんでこんなことになったのかという原点は説明されない、というか、どうでもいいことなのだ。バキュン、バキュン、ドカン、ダダダダダというのが好きなんだろう、お前ら、はいそうですと答える人間しか見に行かない。もちろん自分もそうだ。1270円で買った前売り券。★★☆☆☆('07/01/14 銀座シネパトス)

今日1月15日朝2000メートル泳いだ。クロール。

|

« ラッキーナンバー7 | トップページ | 黒い十人の女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/13496123

この記事へのトラックバック一覧です: 沈黙の奪還:

« ラッキーナンバー7 | トップページ | 黒い十人の女 »