« 輝く夜明けに向かって | トップページ | 幸福な食卓 »

2007年2月 3日 (土)

グアンタナモ

テロリストとしてグアンタナモで拘束された実在の人の話を、本人の証言と再現フィルムを織り交ぜてつづっていく。軽い気持ちで始めたことで、どんどん泥沼にはまる。そんなことしなければいいのにと、見ながら思うのは後知恵。生き延びることができたのは奇跡に近い。あまりの迫力に1時間半あまりの上映時間はあっという間に過ぎた。アメリカって、ルールは自分の都合のいいようにできると思っている国。そうでなければ、国交がない国にあるからアメリカの法律も国際法も適用されないなどというへ理屈を主張する基地を維持するはずがない。大半のアメリカ人には受けない映画なんだろうな。映画の日で1000円。★★★☆☆('07/02/01 シャンテシネ)

今日2月3日は午後3000メートル泳いだ。クロール。

|

« 輝く夜明けに向かって | トップページ | 幸福な食卓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153343/13748056

この記事へのトラックバック一覧です: グアンタナモ:

« 輝く夜明けに向かって | トップページ | 幸福な食卓 »