« 2007年2月 | トップページ

2007年3月 7日 (水)

ゴーストライダー

ニコラス・ケイジはコミックヒーローにしては年とりすぎ。どうしてこんな作品にでたのだろう。話はリアリティを持たせようなどという気配はみじんもない。荒唐無稽のおどろおどろしさ。ここまでやってもらえると結構笑える。だいたい道を走るだけであれだけ回りの物を壊しているのではとても正義の味方とはいえない。終わり方からすると、続編を作る気満々のようだ。1250円で買った前売り券。★★★☆☆('07/03/07 TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ)

今日3月7日は夜2000メートル泳いだ。クロール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

ボビー

久しぶりに映画らしい映画を見た。最近のアメリカ映画と言えば、リメイクかコミック原作か続編ばかり。オリジナルの脚本で新しい世界を見せてくれる作品もあるのだ。ロバート・ケネディが暗殺されたアンバサダーホテルに居合わせた22人の群像劇。登場人物が多すぎてついていけないのではと懸念していたが、心配には及ばない。きちんと帳尻も合わせてくれる。40年前の映像と今の登場人物との映像との融合の仕方が見事。力による報復には限度がない。そんなことは分かっていても止めることは困難だ。ケネディだからアメリカでは共和党支持者は面白くないはずだ。日本で今ボビーと言ったって誰も知らない。自分は人種差別主義者だと公言する人物はほとんどいないだろう。本当にお前はそう断言できるのかと迫る。自分はきちんと世の中に向き合っているのだろうか。★★★★★('07/03/04 TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ)

今日3月4日は午前3000メートル泳いだ。クロール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

今宵、フィッツジェラルド劇場で

原題は「プレイリー・ホーム・コンパニオン」。実在するこういう名前のラジオショーの最後の日を舞台にしたおとぎ話。現実なのにファンタジー。実際の司会者ギャリソン・キーラーが司会者役をやっているのがすごい。ロバート・アルトマン監督、バレエ・カンパニー以外は多分見たことがない。好きなたぐいの音楽でもない。でもこれが最後の作品、ということが感慨深い。こういうテーマの作品をとろうとしたこと自体、最後と分かっていたとしか思えない。それにしてもメリル・ストリープ、歌がうまいな。1460円で買った前売り券。★★★☆☆('07/03/03 Bunkamura ル・シネマ)

今日3月3日は午前3000メートル泳いだ。クロール。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 1日 (木)

相続人

1997年 ロバート・アルトマン監督作品

ケネス・ブラナーが髭面の弁護士。これはわなだろう、だまされているんだろう、いったいどんなひどい目に遭うんだろうか、とどきどきさせる。誰がだましているのかはわからない。ただ、弁護士にしてはやや無防備すぎるのでは。物語の設定に相当無理があるような気がする。当日券1000円。('07/03/01 Bunkamura ル・シネマ)

今日3月1日は朝2000メートル泳いだ。クロール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ