2006年4月13日 (木)

SWIM

今日4月13日は午前、2500メートル泳いだ。クロール。プルブイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

休み

今日4月7日は、朝起きれず、夜は酒を飲みに出かけ、泳がなかった。今年3回目の休み。おかげで月曜から風邪気味でぐずぐずしていたのが、やっと抜けたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

純情きらり

買ったのに読んでない本が高さ50センチぐらいの山になってしまった。NHKの連続テレビ小説が始まったのを機会に、単行本で持っていた津島佑子「火の山―山猿記」を文庫で買い直し、読み始めた。このドラマと小説は、原作ではなく原案となっており、登場人物の名前以外全く関係がないようだ。こういうことでもないと、一度読み損なった本を読むのが難しいから、どうでもいいのだが。文庫になるまで待っていればいいだろうといわれればそれまで。

今日4月6日は夜2000メートル泳いだ。クロール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

ミズスマシ

長野オリンピックのころ、当時の長野県知事がスピードスケートなんてミズスマシみたいで面白くない、と言って物議を醸した。ミズスマシのように水の上を滑るように泳ぐのが目標だ。今はまだ夢。

今日3月28日は朝2500メートル泳いだ。クロール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

SWIM

今日3月27日は朝2000メートル泳いだ。前日の長時間労働の後でしんどかったが、2日続けて泳がないという選択肢はない。さすがに会社帰りに映画を見に行こうという気力までは残っていなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

横浜

今日は朝早くから夜まで横浜で仕事。もちろん泳ぎに行く時間もなければ、映画を見る時間もない。たまにはこういう日もある。一応勤め人なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

大停電の夜に

ちょっとほのぼの

見る映画はまず俳優、次にジャンル、監督、最後に話題になっているかで決める。邦画は面白いものが少なかったのであまり見ないし、これは俳優、監督とも興味がなく当初まったく見たいとも思わなかった。そのうち、6本みれば1本ただでなら見ようと思った。結局1300円で前売り券を買って見た。損はなかった。

ピントの切り替えと間の使い方がうまい。登場人物がいっぱいいて、関係あるようでなさそうで、さまざまなエピソードを盛り込んだオムニバス。見ている間は幸せな気分になったが、見終わってしみじみとまではならなかった。登場人物がつむいでいく糸が最後に一本になると期待するも、さにあらず。

豊川悦司、ひさしぶり。やはり渋い。田畑智子、結構対抗してた。原田知世、若いよね。吉川晃司、格好いい。香椎由宇、ローレライにも出てたけど主演作見てみたい。田口トモロヲ どうしてあんなに瞳が黒いんだろう。

今日は朝2000メートル泳いだ。クロール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

シルバーホーク

ミシェル・ヨー最高

カンフーアクション映画は久しぶり。ハリウッド進出してSAYURIや007にも出てるのにこういうのを自分でプロデュースして自ら出演してくれるんだから。アクションシーンではうれしくて笑いまくり。ヒョーヒョーと声をかけたくなった。DVDが出たら買うことにしよう。金券屋で1100円で買った前売り券は超お買得だった。

今日は朝、クロールで2000メートル泳いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

SAYURI

ちょっと長い

チャン・ツィイーは「初恋のきた道」からかなり見て来た。ストーカーから爆弾テロリスト、暗殺者と犯罪者の経歴を重ね、そして狸姫、今度は芸者。かなり好きです。日本と見られるどこかの都市の芸者置き屋で英語をしゃべっているのは、群馬県の豆腐屋が中国語をしゃべっていたイニシャルDに比べて違和感がない。でも時々「おかあさん」とか「おねえさん」と日本語が入る方が不自然に感じた。ハリウッドから見るエキゾチックな世界を描いているのだろうが、日本だの芸者だのを全部はぎとって単なるラブストーリーとしてみると話は陳腐。1270円で買った前売り券でとんとんといったところ。

きょうはクロールで3000メートル泳いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月10日 (土)

GOD FATHER PARⅠ-Ⅲ

さすがに疲れた

VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズの“イッキミ”スペシャル ゴッドファーザーNIGHTで「ゴッドファーザー」「ゴッドファーザー PARTⅡ」「ゴッドファーザー PARTⅢ」の3本を見た。金曜午後8時に始まり、休憩を20分2回はさんで終わったのが土曜午前5時45分。

PART1で初めて登場した時はアル・パチーノと分からなかった。30年以上前の作品だ。随分もたもたした展開と思ったが、最後は一気にたたみかけてきた。
PARTⅡは暗い。真夜中の目がしょぼしょぼしている時にあれだけ光の少ない映像は辛い。時代がいったりきたりする展開もついていくのがしんどい。でも帰りたいと思っても電車がないので帰れない。久しく徹夜していなかったので起きていると腹が減ることも忘れていた。PARTⅢはかなり持ち直した。結局自業自得っていうことか?
3000円。ゴッドファーザーを映画館で見たのは初めてなのでこんなものでしょう。満足ともいえず不満とも言えず。

きょうは昼間、クロールで2500メートル。休日とはいえ、徹夜明けで3000は泳げなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧